みんなの法話

問いかけ

本願寺新報
2011(平成23)年6月10日号掲載
桃谷 法信(ももたに ほうしん)
(佐賀・法泉寺住職)


カット 林 義明

喜びや悲しみさえも

「なして『あなかしこ、あなかしこ~』って言うと?」

ひいおばあちゃんの祥月命日。御文章の拝読の後、小学生のA子ちゃんの問い。

「真宗の坊さんたちゃあ、おかげさまとか、生かされとるとか言わすばってん、ほんなこて、そがん思とらすとかにゃあ」

外で会った他宗派の酔っぱらったおじさんの問い。

「来る道で思うたことばってん、疑う罪によって化土(けど)(辺地(へんじ))にとどまるということば考えてきた。ばってん、ようわからん」

毎月の常例法座の後、お茶を飲みながら、篤信のIさんからの問い。

お参りに行く先々での問い、教育現場での子どもたちの問い・・・、これまでどれだけの問いかけに出あい、考えさせられたことでしょう。

問いかけばかりではありません。目の前に起こってくるさまざまなトラブルや心配事、煩わしい出来事、喜びや悲しみ・・・それらもすべて、僕自身に対する問いかけなのだと思えた時、それらに応えるべく、考え、書物を読み、どう答えるかを構築していきました。

さまざまな問いかけが、この身にしみ込んで、僕を育ててきたように思います。

その中の一つのことです。

ちがってていいんだ

今から20年ほど前、小学校で1年生の担任を受け持った時、学級園にチューリップが咲いたので、みんなでチューリップの歌を歌いました。

ある女の子が「どの花見てもきれいだねって良かねえ」と、つぶやきました。

「うん、良かねえ」と言いながら、僕は『仏説阿弥陀経』の「青色青光(しょうしきしょうこう)、黄色黄光(おうしきおうこう)、赤色赤光(しゃくしきしゃっこう)、白色白光(びゃくしきびゃっこう)」(青い花は青い光、黄色い花は黄色い光、赤い花は赤い光、白い花は白い光を放ち)を思い浮かべていました。

お浄土の蓮の花が、青が黄色をうらやましがったり、赤が白をバカにしたり、白が青を邪魔したり、黄色が赤にへつらったりせず、それぞれの色がそれぞれの光を輝かせて、個性を発揮している。そして、一つひとつが全体を荘厳(しょうごん)している。これは、お浄土の蓮の花のことではない、目の前にいる一人ひとりの子どもたちのことだと思いました。

さっそく、教室の後ろの壁に、「青色青光、黄色黄光、赤色赤光、白色白光」と墨書した紙を張りました。子どもたちを十把一絡(じっぱひとから)げにしないという僕自身の戒めの言葉として。

その言葉を毎日眺めているうちに、金子みすゞさんの「小鳥とすずとわたし」の詩を子どもたちと群読するようになり、さらに曲をつけて歌うようになりました。みすゞさんには失礼ですが、「ちがってていいんだよ、ちがうからいいんだよ、ちがうあなたがいて、ちがうわたしがいる」というフレーズを入れ込んで・・・。

蓮のつぼみが花開く

そのクラスには、車いすで生活している女の子がいました。バリアフリーではない学校の暮らしの中で、まわりの子どもたちは、その困難さを克服するやさしさを学び、「元気を出せば何でもできる」を合言葉にして、運動会も遠足も車いすで参加できるように考え、工夫し、実行していきました。1年生なりの精いっぱいのアイデアを駆使して。

その子たちが小学校を卒業する時、町の体育館のスロープや電話ボックスの扉が車いすでは使えないこと、公共施設の歩道や段差が実際にはバリア(障壁)になっていることなどをクラスのみんなで検証し、地元の新聞に提言したそうです。

「クラスのみんながまとまって行動できるようになった」と6年生の担任の先生から聞かされて、僕は「青色青光、黄色黄光、赤色赤光、白色白光」のつぼみが大きく花開いたのだと思いました。

問いかけのおかげで、子どもたちと一緒に、僕も育てられたのだと思いました。

すべて阿弥陀さまのはたらき(無量寿、無量光)の中で。