みんなの法話

倶会一処(くえいっしょ)

本願寺新報
2010(平成22)年9月10日号掲載
三上 照文(みかみ てるふみ)
(本山・布教研専従職員)


カット 林 義明

亡き人を偲び仏縁に

お墓参りに行きますと、「倶会一処(くえいっしょ)」と刻まれたお墓を目にすることがあります。「倶会一処」とは、『仏説阿弥陀経』に出てくる「倶(とも)に一つの処(ところ)で会(あ)う」というご文(もん)で、同じ阿弥陀さまのお浄土でまた共に会わせていただくという意味です。阿弥陀さまは、この私を必ず浄土に往(ゆ)き生まれさせ仏にさせると願われ、今「南無阿弥陀仏」と私にはたらいてくださっています。

私たちがお称(とな)えするお念仏、南無阿弥陀仏は「我にまかせよ、必ずあなたを救う」という阿弥陀さまのおよび声です。そのおよび声、願いをそのまま疑いなく聞かせていただき、いのち終わったらすぐに、阿弥陀さまのはたらきによってお浄土に参らせていただくのです。

ですから、「死んで墓の下に眠る」のではありません。お墓というのは亡き方のお骨を納め、亡き方を偲びつつ、仏縁にあわせていただく大切な場所です。しかし、私たちは死んで墓の下のような暗い世界にいくのではないのです。

阿弥陀さまの限りない光の世界、智慧の世界であるお浄土に参らせていただくのです。そして、お浄土に眠りにいくのでもありません。浄土で仏に成るということは、阿弥陀さまの願いを伝え、後の者を導く活動体としてはたらいていくということです。

どこのお墓に入る?

昨年末、伯父が亡くなりました。伯父はナマンダブツ、ナマンダブツとお念仏を申された方でした。身近な人を亡くすのはさびしいものです。私は都合で翌日お参りさせていただきましたが、妻と7歳の娘、4歳の息子はその日の夕方、家が近くなので歩いてお参りさせていただいたそうです。

私が家に帰ると、妻がその時の様子を話してくれました。娘はよく知っているおじさんが亡くなった姿を見て、いろいろなことを考えたのだと思います。お参りがすんで、また夜道を3人で手をつないで帰ったのですが、その帰り道、いろいろなことを尋ねたそうです。

「お母さん、おじちゃんこれからどうするん?」

「どうするって、おじちゃんは焼いて、お骨にして、おじちゃんちのお墓に納めるんよ」

「えーっ、焼くの!」と娘は驚いたそうです。

「じゃ、うちのおじいちゃんとおばあちゃんは?」

「そりゃ、うちのおじいちゃんもおばあちゃんも亡くなったら、お骨にしてうちのお墓に納めるんよ」

「お父さんとお母さんは?」

「お父さんもお母さんも一緒のお墓よ」

今度は自分のことが気になったのでしょう。

「じゃ、私は?」

「たぶん、お嫁さんに行って、その嫁ぎ先のお墓に入ることになるでしょうね」

すると弟はどうかと聞いてきたので、妻は「しまった!」と思ったそうです。しかし、正直に「うちのお墓に入ることになるでしょうね」と答えました。でも、やはり娘は自分だけが取り残されるような思いがしたのでしょう。

「イヤだ、私も一緒にお墓に入る。一緒にお墓に入りたい」と言い出しました。

私は少しおかしさもあったのですが、みんなが入る同じお墓に自分も入りたいという娘の気持ちを思うと、何とも言えない気持ちがしました。

でもその時、妻が娘にこう言ってくれたそうです。

「そりゃ、お墓は別々のところで違うかもしれんけど、往(ゆ)く場所はおんなじなんよ。阿弥陀さまのお浄土で仏さまに成って、また一緒に会えるんよ」

有り難かったですね。よくお取りつぎしてくれたなと思いました。

仏と仏としての再会

伯父とこの娑婆(しゃば)世界ではもう会うことはできません。しかし、伯父は身をもって、いろいろなことを娘やこの私に伝えてくださっているなと思いました。

「限りある人生だぞ、限りある人生をどう生きるのか、お念仏を申し、またお浄土で会おうな」と呼びかけてくださっているように思いました。

同じ阿弥陀さまのはたらきによるからこそ、同じ倶会一処のお浄土で、また懐かしい方々とも仏と仏としてのお出会いをさせていただき、仏としての活動に加わらせていただくのです。