当サイト(「スマートフォン版参拝ご案内サイト」)は、2019年3月31日をもちまして閉鎖いたします。

今後は、2018年5月に開設の「お西さん(西本願寺)ホームページ」にて本願寺参拝に関する最新情報を発信いたしますので、ブックマークの変更をお願いいたします。

お西さん(西本願寺)ホームページ
https://www.hongwanji.kyoto

本願寺の1年

「浄土真宗本願寺派」は、京都の本願寺(西本願寺)を本山とする、お寺や門信徒の集まりです。まずは本山・本願寺やお寺の年間の法要行事を紹介します。お寺を身近に感じる1年にしましょう。

1 月

本願寺の主な法要

修正会・元旦会(1日)御正忌報恩講法要(9日~16日)

一般寺院の法要行事例

元旦会
新年のはじめにご本尊に礼拝し、こころ新たにお念仏の生活の第一歩を踏み出す法要です。門信徒として1年をお寺参りからスタートしましょう。本願寺では阿弥陀堂での「修正会」に続いて、御影堂で「元旦会」がつとめられます。
御正忌報恩講法要
1月16日は宗祖・親鸞聖人のご命日。聖人のご遺徳を偲び、そして聖人のご苦労によって私たちが阿弥陀さまのみ教えに出あえたことをよろこび、そのご恩に報謝する、浄土真宗の最も大切な法要です。み教えを聞き、その味わいを深めていきましょう。本願寺では1月9日から16日までの8日間、「御正忌報恩講法要」が営まれます。
3 月

本願寺の主な法要

春季彼岸会(18日~24日)

一般寺院の法要行事例

彼岸会
彼岸会は、迷いの此の岸(娑婆世界)をはなれて、さとりの彼の岸(西方浄土)に至るみ教えを、聞きよろこぶ法要です。各地のお寺で、たくさんの人がお墓参りをする風景が見られます。
4 月

本願寺の主な法要

春の法要(12日~15日)

一般寺院の法要行事例

花まつり
お釈迦さまのご誕生(4月8日)をお祝いする行事です。誕生仏に甘茶をかけたり、誕生仏を乗せた白い象を引っ張ってパレードをしたりします。子どもたちもいっぱい参加する行事です。
5 月

本願寺の主な法要

宗祖降誕会(20日・21日)

一般寺院の法要行事例

宗祖降誕会
親鸞聖人のご誕生(5月21日)をお祝いする法要です。お寺によっては初参式など、趣向をこらした慶祝行事が行われます。本願寺では法要をはじめ、祝賀能や抹茶接待など、華やかな行事が催されます。
6 月

本願寺の主な法要

大谷本廟納骨・永代経法要(8日~11日)

一般寺院の法要行事例

永代経法要
永代経とは、永代にわたってお寺で読経がなされること。永代経の懇志は、永代にわたって法座や諸堂が維持され、お寺が存続することで「み教えがますます広まるように」という気持ちで納めるものです。親鸞聖人のご廟所・大谷本廟では「大谷本廟納骨・永代経法要」がつとめられます。
7 月

一般寺院の法要行事例

一般には先祖供養のために行われる仏教行事と思われていますが、浄土真宗では亡き人を偲びつつ、み教えを聞くご縁とし、仏恩に感謝させていただきましょう。
8 月

本願寺の主な法要

盂蘭盆会(14日・15日)戦没者追悼法要(15日)

一般寺院の法要行事例

盆会
9 月

本願寺の主な法要

秋季彼岸会(20日~26日)

一般寺院の法要行事例

報恩講
1月の本願寺での御正忌報恩講に先がけ、秋になると各地のお寺や門徒の家庭などで報恩講が営まれます(地域によっては時期が違います)。
10 月

本願寺の主な法要

秋季彼岸会(20日~26日)

一般寺院の法要行事例

報恩講
1月の本願寺での御正忌報恩講に先がけ、秋になると各地のお寺や門徒の家庭などで報恩講が営まれます(地域によっては時期が違います)。
11 月

本願寺の主な法要

秋の法要(22日・23日)

一般寺院の法要行事例

報恩講
1月の本願寺での御正忌報恩講に先がけ、秋になると各地のお寺や門徒の家庭などで報恩講が営まれます(地域によっては時期が違います)。
12 月

本願寺の主な法要

除夜会(31日)

一般寺院の法要行事例

報恩講
1月の本願寺での御正忌報恩講に先がけ、秋になると各地のお寺や門徒の家庭などで報恩講が営まれます(地域によっては時期が違います)。