国宝飛雲閣

金閣、銀閣とともに京都三名閣の一つ。秀吉が建てた聚楽第(じゅらくだい・てい)の一部で、三層からなる楼閣(ろうかく)建築ですが、第一層が入母屋と唐破風を配しているように左右非対照になっており、不規則ながら巧みに調和されています。


重文 黄鶴台(おうかくだい)

寄棟造り・こけら葺の建物で、内部は床の高さが異なった三室からなっています。一番高い部屋は脱衣室で、階段を下りると控えの間があり、その奥が浴室です。10畳ほどの板張りで、隅に唐破風付きの蒸し風呂があり、床板のすき間から蒸気が出る仕組みになっています。


国宝 茶室・憶昔(いくじゃく)の間


舟入の間