当サイト(「スマートフォン版参拝ご案内サイト」)は、2019年3月31日をもちまして閉鎖いたします。

今後は、2018年5月に開設の「お西さん(西本願寺)ホームページ」にて本願寺参拝に関する最新情報を発信いたしますので、ブックマークの変更をお願いいたします。

お西さん(西本願寺)ホームページ
https://www.hongwanji.kyoto

浄土真宗のみ教え

宗 名 浄土真宗
宗 祖 親鸞聖人
宗 派 浄土真宗本願寺派
本 山 龍谷山  本願寺(西本願寺)
本 尊 阿弥陀如来(南無阿弥陀仏)
他力本願とは
俗語の他力本願
「他力本願」という言葉はもともと浄土真宗の大切な言葉ですが、残念ながら本来の意味とは違うマイナスイメージの俗語として広まっています。俗語の「他力本願」は、自分に都合の良い願いのために他人の力をあてにするという、怠けた姿勢をあらわす言葉になってしまっています。
浄土真宗本来の「他力本願」
本来の「他力本願」の場合、「他力」は阿弥陀如来のはたらきをさしています。そして「本願」は「すべての人々をすくって仏と成らせよう」という阿弥陀如来の願いをさしています。本来の「他力本願」とは、阿弥陀如来の願いを実現させるはたらきを意味する言葉です。
自力とはなにか
浄土真宗において他力本願をたよりにするということは、「自力を否定する」ということでもあります。浄土真宗における「自力」とは、「浄土に往生して仏となるために」自分の行為を役立てようとすることです。
悪人正機とは
悪人の意味
浄土真宗の教えの大きな特徴の一つに、「悪人正機」があります。「悪人こそが阿弥陀如来のすくいの本当のめあてである」という意味です。私たちが悪人と聞いて思い浮かべるのはたいてい、犯罪者など社会の善悪を基準にした悪人でしょう。しかし悪人正機は、社会の善悪ではなく仏教の善悪を基準にしているのです。仏教の善悪を基準にすれば、十悪・五逆といった罪を犯す者、たとえば、生きものを殺し、貪りや怒りのこころを抱き、迷いを深めていくようなものが悪人とされます。
悪人とは誰か
仏教の善悪を基準にすれば、いのちを奪い続け、自己中心的な煩悩に支配されて迷いのなかにあり続ける私は、まぎれもなく悪人です。悪人正機の悪人とは、どこかの犯罪者といったような他人ごとではなく、この私自身のことなのです。現に私が煩悩に満ちた悪人として生きているということに気づかせ、同時にそのまますくいとってくださるのが阿弥陀如来のお慈悲であり、そのこころをあらわすのが悪人正機という言葉なのです。
悪い方がいい?
今現に私が煩悩に満ちた悪人として生きているということに気づかせ、同時にそのまますくいとってくださるのが阿弥陀如来のお慈悲であり、そのこころをあらわすのが悪人正機という言葉なのです。
往生とは
往生とは
「往生」とは、文字通りに読めば「往き生まれる」ということです。阿弥陀如来の本願力によって信心をめぐまれたものは、正定聚とならせていただきます。その正定聚の者がいのちを終えるその時に、間違いなく阿弥陀如来の浄土に往き生まれさせていただくのです。これが浄土真宗の往生です。
往生即成仏
親鸞聖人より以前は、往生と成仏との間には段階があると考えられていました。まず浄土に往生して、そこから浄土のすぐれた環境のなかで修行をすることによって、さとりをひらいて仏となることをめざすという考えかたです。 それを親鸞聖人は、阿弥陀如来の浄土に往生した者は、段階を経ずして、往生と同時にさとりをひらいて仏となることをあきらかにしてくださいました。このことを「往生即成仏」といいます。阿弥陀如来は、すべての人々を浄土に往生させて、仏とならせようと誓われています。

本願寺について