本願寺の文化財

親鸞聖人が開かれた浄土真宗の法灯を伝える本願寺は、聖人自筆の著述や影像等の法宝物、建造物など、宗教的にも歴史的にも価値の高い重要な文化財が数多くあることでも知られています。豪壮華麗な桃山文化を彷彿とさせる飛雲閣や対面所・白書院などの国宝や重要文化財の数々、1994(平成6)年には世界文化遺産にも登録され、篤き信と歴史的名建築物を今に伝えています。